理系サラリーマンのまったり投資録

日々の生活で節約をして貯めた種銭を使って資産運用を頑張るブログ

シリア攻撃への懸念後退か・・

どうも、こんばんは。

サラリーマン投資家のきょんです。

 

12日のダウ平均株価は、前日比+293.6ドル(+1.2%)高の2万4483ドルにて取引を終えました。

 

トランプ米大統領が、シリアへのミサイル攻撃の時期に関して明言を避けたころから地政学リスクが低下しました。

 

また、保有銘柄は前日比+505.67(+1.3%)高となりました。

 

 

 

昨日、シリアへの攻撃が示唆されて株価も下落しましたが、1日で戻しましたね。。

 

最近はトランプ大統領の発言一つで株価が右往左往している状況ですが、それに流されずいつものペースでいきたいですね。